So-net無料ブログ作成

リンクカムのワイヤー切れ [使ってみました]

 オメガパシフィックのリンクカムのワイヤが切れてしまい、販売店から代理店の「マジックマウンテン」へ修理の問合せをしてもらいました。が、製造元から修理不可との回答のため、新品価格の3~2割引で交換したいと。ワイヤーが切れただけで修理不能ですか。この手のギアにはよくある事なのですが。フレンズやキャメロットは何度も修理してもらっていますので、この対応は納得出来ません。リンクカムは数年前にカナダで8000円位で購入していますので、とての割に合う交換条件でもありません。
 で、ようやくリンクカムのワイヤーの修理を自分でしました。東急ハンズでワイヤーと圧着スリーブを購入。パートナーからのアドバイスもあって、何とか復活。早速城ヶ崎で使ってみましたが、問題ありませんでした。圧着スリーブのサイズがもう一サイズ上が用意出来ていればもう少しスマートに仕上がったのですが、まずは使えるようになっただけで充分です。これでワイヤー切れには対処出きるようになりました。それにしても、ワイヤー切れぐらいメーカーで修理してもらいたいものです。
修理前修理後
タグ:リンクカム

PLAYクライミングジム昭島 [クライミング]

 昨日昭島のモリタウンに隣接するアウトドアビレッジ内に新たに出来たクライミングジムに行ってきました。モリタウン内の駐車場に駐車したため目的の場所に行くのにチョッと迷いました。タウン内からの案内板が整備されていないため解りづらいです。ビレッジ内にはたくさんのアウトドアメーカーが出店していて、入ってみたくなります。
 クライミングジムには屋内のボルダー壁と屋外のリード壁があり、リード壁の一般使用は今日からなのと友人のインストラクターが講習を始めるとの事で出かけてみました。ここの売りはやはり16.45mのリード壁です。上三分の一が可動式で傾斜角度を変えられる構造になっていました。この壁に設定されたルートを5本登ってみましたが、いや~、長いです。勿論PUMP2のツナミより長いです。良い持久力トレーニングが出来ます。ただ屋外ですので寒い日、暑い日、雨の日には登れなさそうです。昨日は20度近い気温がありましたので、気持ちの良い風に吹かれながら快適なクライミングが楽しめました。兎に角露出度最高なのでギャラリーが多く、完登すると拍手までいただけます。リード壁のルートは、まだまだ此れから増えるそうですので楽しみです。
 ボルダー壁は、たくさんの課題を登っているわけではありませんが初心者に配慮した課題設定と感じました。ジム内は明るく、ロッカー、トイレ、手洗い場等清潔感があり素晴らしいです。
 自宅から車でも40分くらいで行けそうですので、時々行ってみようと思っています。
ジムのHPはこちら
PLAYクライミングジムPLAYクライミングジム
タグ:PLAY

謹賀新年 [独り言]

 とても新年おめでとうございますと言える日本の状況ではありませんが、何とか新年が向かえれれたかなと。
 65歳を越えた頃から体調が何となく悪く、古傷(恥ずかしながら手術5回、骨折5箇所、入院数知れず)が痛みだしたり肘痛、右腕上腕の痛み、偏頭痛など身体の不具合が続き約二年間思うようなクライミングが出来ませんでした。ようやく昨年12月ごろから徐々に体調の回復が実感出来るようになってきたので、今年は身体作りに励みながら目標を立てたクライミングしたいと新年の志をたてたところです。秋には20年前から憧れていたアメリカのクラックエリアに行けそうな機会があり、それに向けてのトレーニング目標を立てました。先ずは、城ヶ崎のクラック厳選57本を今シーズン中に登り込みたいです。殆どのルートはオンサイトで登っているルートなのですが体力、技術、気力が衰えた今の状態で登れるかどうか。自分にとってもう一度頑張ってみる価値は充分にあると考えました。登っていないルートも3本あるので、オンサイトトライも楽しみです。夏には北海道、小川山、不動の岩場と夢はたくさんあるのですが、体調次第ですのでどうなりますか。
 もういつお迎えが来ても不思議は無い年齢ですので先の事はわかりませんが、夢を糧に毎日を過ごして行ければと思っています。素晴らしい一年でありますように。本年も宜しくお願いいたします。

クライミングジム・恐怖の体験Ⅱ [クライミング]

 某ジムでの事。平日で空いていて何時ものようにストレッチをしていると、傾斜の緩いスラブ壁に男性ペアが。一人は初心者でした。その初心者にリードを教えていたのを見ていたのですが、その初心者の方はまだクライミングそのものを理解していない様子でした。初心者がリードで登り始めました。一本目のクイックドローにクリップ、ところがビレイヤーは壁から2メートル位離れてビレーしています。ビレイヤーの立ち位置に恐怖を感じていたのですが、「危ない」と言う事も出来ずに見ていたところ登っていた初心者が二本目のクイックドロー付近から墜落。心配したとおりビレーロープに左足が引っかかり反転、頭から回転して墜落しました。幸いぎりぎりの高さで頭を床に打ち付ける事は避けられましたが、一本目のクイックドローの位置がもう少し低かったら、頭をからグランドフォールしていたか、頚椎を骨折していたのではないでしょうか。また、墜落して回転した時に偶然左足のクライミングシューズのプルタブが一本目のクイックドローのカラビナに引っかかり墜落距離が短く済んだ事も幸いしたかもしれません。本当に、驚きました。リードのビレーは、ビレイヤーの立ち位置が非常に重要で、ジム、外岩を問わず同様な危険なシーンを何回か見ています。初心者にとって先輩の教えに疑問を持つのは難しいかもしれませんが、教わる方もよく自分の頭で考えてその技術や知識を受け入れるかどうか考えないと恐ろしい結果になると思います。
 ジムでの事故は幾つか見ています。ダラリンビレーで三本目のクイックドロー付近から墜落、足を骨折。上部で墜落した時にクイックドローを握ってしまい、カラビナのゲートで掌をザックリ。グリグリでビレー中墜落、送り手側のロープを強く握ってしまいグランドフォール等。私の年齢で怪我をすると殆ど再起不能になるので、怪我したくありません。皆さんご注意下さい。

BANFF Mountain Film Festival in Japan [その他]

 毎年感動をくれるアウトドアードキュメンタリー映画際を観にいってきました。例年東京会場は10月の三連休に開催されていたのですが、二年前くらいから人気を呼び今年は連休前の平日が加わっての上映でした。昨年の混雑を避けて平日に行きましたが、若者がたくさん観に来ていました。
 午後の部プログラムA、夜の部プログラムBと合計14本の作品を堪能しました。クライミング、カヤック、ボーダー、自然保護、スキー、サーフィン、ベースジャンプと盛りだくさんでした。どちらのプログラムがお勧めかと言えばBになります。フェスティバルでグランプリを獲得した作品があるのと、たった5分の作品「35」が素晴らしいです。
 公式サイトはhttp://www.banff.jp/です。いや~、来年がまた楽しみです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クライミングジム・恐怖の体験 [クライミング]

 先日、友人のクライマーから以下のような体験談をメールで送ってくれました。ジムでの確保に関しては私も恐ろしいシーンをたくさん見ています。ジムによってはスタッフが見回り、危ない場合は注意をしているようですがジム経営者は基本的自己責任と考えているようです。恐らく、弁護士等の法律の専門家にアドバイスを受けた結果だとは思いますが。クライミングを楽しむものとして、目前で事故が起きれば辛い気持ちになります。
 折角体験談をいただきましたので友人に承諾を得て、このブログに掲載させていただきました。教訓にしていただければ幸いです。友人の体験談です。

 某クライミングジムで男女ペアが登っていました。私が見た限り初心者風でした。
男性がリードして、ロワーダゥン。
そのロープで、女性がトップロープで登り、ロワーダゥン中に事件が起きました。
男性のビレー器はATCでした。
男性は私の目の前でビレーしていました。ふと見ると、安全環付きカラビナのゲートが上側で、マイナーアクシスになっているではありませんか。こういう事は私はPUMP2で、時々目撃していました。
さらに見ていると、ゲートが下に下がり初めました。環が締められていなかったのです。
 負荷がかかっていれば、ATCは下側に押しつけられ、ゲートを押し下げます。
次の瞬間ロープは環付きカラビナとATCから脱落しました。私はそのロープに反射的に飛びついて両手で握り、止めました。リードしていて同じことが起きたら、おそらく墜落は止められません。
これは、カラビナの環が締められていなかったこと。カラビナがマイナーアクシスになっていたこと。
さらにゲート側が上になっていたことが重なって起きたことです。
オートロック式の環付きカラビナでも、ロープで擦られて解放されてしまう可能性があります。
現在は回転防止機能付き安全環カラビナがあるので、これをつかうことで、今回のようなことは安全環を閉め忘れても回避できます。
そうでなくても、マイナーアクシスになることを回避できるので、絶対に回転防止機能付き安全環カラビナでビレーすべきだと思いました。


NHKBS 「魅惑の大渓谷 ヨセミテ~ アメリカ・カリフォルニア」 [その他]

 以下の予定でヨセミテが紹介されるようです。一時間半の時間枠、CM無しですから素晴らしい映像がたっぷり見られるのを期待したいです。

8月25日(月) PM7:30~9:00
NHKBSプレミアム
体感!グレートネイチャー ヨセミテ
「魅惑の大渓谷 ヨセミテ~ アメリカ・カリフォルニア」

森正弘さんの命日 [その他]

 今日は、森正弘さんの命日です。もう、亡くなって八年が過ぎました。時の過ぎるのは早いです。今でもあの日のことは鮮明に覚えています。何よりも最後の言葉を聞いてあげられなかった事が、今でも悔やまれます。
 八年前に、クライミングの現状を予測できたでしょうか。クライミングジムが数百件余り出来て、クライミングの大衆化がここまで来るとはさすがの森さんも考えていなかったでしょう。森さんは亡くなり以前からクライミングの大衆化を危惧していましたので、今生きていたら如何コメントしたでしょうか。あの世に行って是非聞きたいところです。最近の雑誌にはクライミングのトレーニングとして、フィットネスクラブ等でのウエイトトレーニングまで紹介される時代になりました。森さんは、既に10年以上前からこのトレーニング方法を提唱していました。
 森さんの仲間には、今も森さんの遺産を大切にしてクライミングしている人がたくさんいます。今こそ、森さんが生きていたらな・・・・・、と思うこのごろです。
タグ:森正弘

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル2014 [その他]

 カナダのバンフで毎年行われている、アウトドアのドキュメンタリー映画の祭典です。この中から、受賞作品を中心に優れた作品が世界中で公開されています。
 東京では毎年10月の三連休に上映されるのですが、今年は連休前の金曜日も加わり行きやすくなりました。昨年まで三年続けて見に行っていますが、期待を裏切られた事はありません。年毎に観客は増えていて昨年はほぼ満席の状態でした。多くの作品に事の本質を探ろうとする姿勢がうかがえて、自分の行っているクライミングが何であるかを何時も考えさせられます。
 今年は、連休前日の金曜日に行きます。前売りチケットを早く買わねば。
公式サイトはこちらです。

クライミングDVD Reel Rock9 [クライミング]

 昨年購入したReel Rock8に続いて今年の秋には9が発売されますが、そのトレーラーが公開されました。
8も面白かったですが今回はヨセミテの歴史を物語る映像が入っていました。楽しみです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。