So-net無料ブログ作成
検索選択
国内クライミング ブログトップ
前の10件 | -

白妙橋(奥多摩) [国内クライミング]

白妙橋が通行止めになっています。ご注意下さい。
ジムクライミングが続いたため晴天の昨日は奥多摩方面へ岩場の偵察に行ってきました。
白妙橋白妙橋
タグ:白妙橋

城ヶ崎クライミング禁止?? [国内クライミング]

 城ヶ崎でのクライミングがさらに難しくなるような情報が、入ってきました。
 先日城ヶ崎の某マイナーなエリアでクライマーと釣人の間で喧嘩になり、釣人が地元の自治体に苦情を訴えたそうです。争いの詳細や苦情の中身もわかりませんが、この様な場所で争いを起こすのはやはりまずいのでは、と思わずにはいられません。
 城ヶ崎でクライミング行為だけを禁止するのは、私は法律の専門家ではりませんので断定した意見を述べられませんがかなり難しいのではと思っています。ただ、ファミリーからシーサイドにかけての土地は私有地ですので地権者が立入禁止と言えば、直ぐにクライミング不可能となります。また、伊東市が山岳団体やJFAにクライミング禁止のお願いをしたらどうなるでしょうか。このお願いを無視して、クライミングは出来ないでしょう。
 法律に基づかなくともクライミングが出来ないようにする事は可能です。そうならないために、心して城ヶ崎に入りたいと思います。
 冒険やスポーツに対する意識の遅れた日本では仕方がない面もありますが、無用な行為で事態をさらに悪化させるような事は起こさないようにしたいものです。

城ヶ崎クライミング禁止? [国内クライミング]

 1月3日の事故をうけ地元伊東市では、城ヶ崎周辺でのクライミング禁止を検討しているようです。詳細は不明ですが、暫く城ヶ崎でのクライミングシーズンが続きますのでくれぐれも事故を起こさないようにしましょう。また、駐車等の問題も極力起こさないよう注意が必要と思います。
 冬の貴重な岩場です。ここが禁止になると関東近県では冬に登れる岩場が僅かになってしまいます。クライミングの歴史を作ってきた城ヶ崎の岩場を、何とかこのまま自由にクライミング出来るよう願って止まないところです。

兜岩クライミング自粛に [国内クライミング]

兜岩の開拓者の方から、クライミング自粛のメッセージが発せられました。詳しくは、このリンク先クリック下さい。
冬も暖かく好きな岩場でしたので、残念でなりません。まだまだ、登りたいルートがあったのですが・・・。

兜岩(兜山)で山火事 [国内クライミング]

1月30日に山梨県の兜岩周辺で山火事があり、クライマーによる失火が原因のようで、消火には19時間以上かかったとの事です。

火気厳禁の岩場でガスコンロを使う人を見かけますが、これもやはり避けるべきだと思います。
湯河原幕岩では、このガスコンロの使用が問題になりそうな雰囲気を感じました。

兜岩、幕岩とクライミング禁止にならなければ良いのですが。岩資源の少ない日本ですから、大事にしたいものです。岩場での火の扱いについては以前から注意喚起されていたと思うのですが、他の岩場のクライミング禁止に繋がらないことを祈るばかりです。

天覧山の岩場:続報 [国内クライミング]

 天覧山の地元である、埼玉岳連が対応する事となりました。
以下の情報を確認下さい。

JFAホームページ ここクリック
埼玉岳連 ここをクリック。

鷹取山、城ヶ崎 [国内クライミング]

現在までの地震等の影響で、岩場に影響が出ているようです。
[信号]鷹取山
鷹取山安全登山協議会より以下の勧告が出ています。
鷹取山利用注意勧告
-----------------------------------------------------------
平成23年3月14日

利用者各位
鷹取山安全登山協議会

鷹取山岩場利用にあたって(注意)

3/11日発生した太平洋大震災において東北地方並びに関東地域で
津波による未曾有の被害が発生しています。又この地震に伴う余震も頻
発しております。
このことから鷹取山岩場についてはクラック等岩場自体が崩落する危
険がありますので、当面利用を控えるか、利用にあたっては自己責任の
もと岩場の状態を充分把握した上注意して利用願います。

-----------------------------------------------------------
[信号]城ヶ崎
津波の影響は殆ど無いようですが、浮石の剥離や落下によって落石のあったエリアが確認されています。城ヶ崎に行かれる方はご注意下さい。余震が収まり浮石等が安定するまで暫く様子を見る必要を感じます。あかねの浜のめがねは、崩壊したかも知れませんね。

北岳バットレスで大規模な岩盤崩落 [国内クライミング]

10月10日に北岳バットレス4尾根の枯れ木テラス付近で大規模な崩落があり、登攀自粛要請や大樺沢登山道の一部の通行も危険な状態のようです。
 昔はあったバットレス四尾根上の四畳半テラスや横断バンドの崩落等、以前から岩の脆さが窺える岩場でした。四季の気候変動が大きく雨も多い日本の岩場の宿命なのかも知れません。枯れ木テラスや四畳半テラスは、昔よくビバークした場所でしたので残念な思いです。

詳しい情報は、下のニュースをご覧下さい。

山梨日日新聞
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/10/14/2.html

ヤマケイニュース
http://www.yamakei-online.com/journal/detail.php?id=1146

北岳岩盤崩落入山中止呼び掛け
県警などHPやチラシで
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/10/15/12.html

現場写真
http://yama-suki.blogspot.com/2010/10/blog-post_14.html

ご注意下さい。

幕岩(湯河原)正面壁立ち入り禁止 [国内クライミング]

 既にてんとう虫エリアはクライミング禁止となっていますが、その西側(正面壁)一帯も立ち入り禁止区域となっていますので、クライミング禁止となります。
 ロクスノ最新号にはこの正面壁にあるスパイダーマンの記事が載っていますが、立ち入り禁止区域内ですのクライミングは出来ません。
 詳しい内容はJFA(フリークライミング協会)のHPをご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0) 

城ケ崎 日蓮崎 インディアン・ドールルート [国内クライミング]

ルートのクラックを抜けた上にフレーク状の浮石があります。泥に埋まって隠れた部分がどの程度あるのか不明ですが、かなり大きな岩と思われます。これが落ちるとビレーヤーに直撃の危険がありますので、ご注意下さい。
下の写真、三本並んだクラックの真中(クラックの影が上部まで伸びている)のルート
サイズ変更09.02.07jyouzasaki.04.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 国内クライミング ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。