So-net無料ブログ作成

『アルパインクライミング考』 横山勝丘 著 [独り言]

アルパインクライミング
 ようやく読み終わりました。残りの時間が無いため順番を決めて読んでいるのですが、読みたい本が山積みになっていてなかなか進みませんでした。
 今のアルパインクライミングを知るためにも、クライマー必読の書です。これだけのレベルのクライミングをおこなわなくても、アルパインクライミングとは何かを考えるヒントになるでしょう。
 それにしても、私がアルパインクライミングをしていた時代との違いを痛感しました。ギア、技術、知識等アルパインクライミングに必要な要素の進歩が凄まじいです。当時のアルパインクライミングとしての私の目標は、ヨーロッパアルプスでした。そのトレーニングとして行っていたのは、北岳バットレス、谷川岳一ノ倉等での継続登攀でした。早朝広河原を出て北岳バットレスのルートを二本継続し夕方には広河原に下山、そのまま翌日は小川山でクライミングする。穂高のパチンコは同じですが、内容の濃さにレベルの違いを感じます。また、剣岳周辺では一日でルートを複数本登り長次郎雪渓をアイゼン無しのバイル一本で下るようなトレーニングをしました。今は瑞牆のルートを継続するようなクライミングもトレーニングをして行っていることに、レベルの高さを痛感します。それでなければ、パタゴニア等のクライミングは出来ないでしょう。
 初めてヨーロッパアルプスを計画した時は、離職、離婚を覚悟していました。それでも行きたかった時期でした。初めてのヨーロッパアルプスは驚きの連続でしたが、アルパインクライミングを考える素晴らしいきっかけになりました。アルパインクライミングには、フリークライミングの技術が重要である事を痛感したのもこの時です。
 昔を思い出しながらも、著者の熱い思いを感じました。
 最後に、本文から素晴らしい一文です。「クライミングは、決して体を動かすだけの行為ではない。人間が持っているすべての能力を駆使して、この大きな自然と対峙するのだ。限りなく広がる可能性に夢を抱けば、これから先の人生をきっと素晴らしいものになると思わないだろうか。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ロープの使用感と確保器との相性 [クライミング]

edelweiss energy 9.5mm 60m 操作性〇 クリックアップ◎ ジム用
gilmomte raasta 10mm 50m 操作性〇 耐久性△ クリックアップ◎
sterling evolution 9.8mm 60m 耐久性〇 クリックアップ△
beal tiger 10mm 70m 耐久性△直ぐ汚れる クリックアップ△
beal StingerⅢ 9.4mm 60m マルチピッチ用
mammut Infinity 9.5mm 60m 操作性、耐久性良 クリックアップ〇
Tendon Master 9.4mm 50m 硬い、キンクする クリックアップ[×] グリグリ〇
beal StingerⅢ 9.4mm 70m 半分に切りジム用 クリックアップ◎

使用している確保器は、クリックアップ、ATCスポーツ、時々グリグリ2。マルチピッチでは、ATCガイドです。
クリックアップ、グリグリは、やはり10ミリ未満のロープに相性が良い感じです。ただ、10ミリ未満のロープをATCスポーツで使う場合は、手袋をしています。ロープの径と硬さが確保器の操作性に影響するようです。

森正弘さんの命日 [独り言]

 今日は森さんの命日です。あれから10年が過ぎました。もう、10年が過ぎてしまったんですね。北里大学病院の病室で亡くなったのですが、その時の事は忘れられません。最近は、森さんとあの世で一緒に登れる日が近づいているの、をひしひしと感じます。
 何時も命日になると考えるのは、、今のクライミングを森さんが生きていたら如何感じるのだろうと。今のコンペやWCのクライミングは本来のクライミングとは違う。娯楽、スポーツ、冒険の区別の理解が薄いクライミングに異議がある、と言うのではないでしょうか。最近はテレビでWCやコンペが放映されるようになりましたのでよく観るのですが、やはり本来のクライミングとの違いを感じます。
 森さんの話が聞けないのが残念です。何度も夜中まで話をしましたが、おかげで翌日は殆どクライミングになりませんでした。あの世なら時間制限は無さそうなので、じっくり話を聞けそうです。
レッドロックスジョシュアツリー
タグ:森正弘
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。