So-net無料ブログ作成
検索選択

今年のクライミング [独り言]

 今年のクライミングは、どうなりますか。もうすぐ70歳。体力、筋力の衰えをひしひしと感じます。少なくとも現状を維持するために出来るだけのトレーニングをしているのですが、如何せん加齢には勝てません。クライミングの対し方そのものを考えなければならない時期になってきたようです。まあそれでも何とか城ヶ崎のクラック60本を登る目標は、残り18本なので本年中に達成したいです。海外遠征は持病のため難しくなってしまいましたので、今年は国内の遠征を二箇所(大堂海岸、九州)を計画しています。ジムクライミングも勿論大好きですので、故障をしない程度に頑張りたいと。その故障しない程度の見極めが難しいのですが。
 それにしても昨年は大変な年でした。知人でクライミングで怪我をした方が6人。全員入院の重症でした。他にクライミングが原因で故障した人が数人。その他登山で一人死亡と。悲しい年でした。そして、私自身も大変な一年でした。ヨーロッパでは、一泊目のジュネーブで体調が悪くなり翌日緊急帰国。この後人間ドック等で検査をしたのですが、たくさん体内の不具合が見つかり、参りました。肝内胆管拡張症、目の疾患(既に三回手術)、大動脈石灰化、腎臓、胆のう結石、前頭葉の出血等、この他長い間の持病で偏頭痛、自律神経の疾患があり、これらの精密検査に半年を費やし体調が良くなったのは12月に入ってからでした。結局、経過観察や定期的な検査が必要となったのですが、何時命が尽きても不思議でない状況を認識する事となりました。
 また、身近な人にも亡くなった方が数人でて、一時は私が今年の止めかと思ったのですが今回も運良く生き残りました。で、今年のクライミングへの思いは「明日は無い」の一念です。アルパインクライミングをしている時からの思いですが、いよいよその思いが強くなりました。終わりの時が、すぐ近くにあるのを感じます。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。