So-net無料ブログ作成

「ALON ON THE WALL 単独登攀者、アレックス・ホノルドの軌跡」 [独り言]

 クライマーのアレックス・ホノルドを映像で見たのは、昨年のバンフマウンテンフィルムフェスティバル東京会場でのドキュメンタリー作品でした。その後、DVD「REEL ROCK10」のトミー・コールドウェルとのパタゴニア・フィッツトラバースも観ましたので、この本には非常に興味を持っていました。
 著者の成長する姿が、良く分かります。各々のフリーソロの記述を読むと、その都度、背筋がゾクゾクします。ハーフドーム(ヨセミテ)・レギュラールートのサンク・ゴッド・レッジを歩いている写真には、私が昔ここをリードした時を思い出して震えがきました。私は、腹ばいで下を見ないようにしながら恐々のクライミングでした。また、エルキャピタンのノーズルートの記述部分も、私が登った時の事を鮮明に思い出させてくれました。両リートを知っているだけに、フリーソロする技量と精神力に驚愕しかありません。そしてザイオン国立公園のムーンライト・バットレスのフリーソロ。実はこのルート、昔登りたくて(勿論エイドですが)ザイオンへ偵察に行った事があります。その時の写真は、こちらから。美しいクラックが続くルートで、どうしても登りたかったルートでしたが、残念ながらパートナーが見つからず今に至ってしまいました。その他、ジョシュアツリー、レッドロックス、スミスロックと経験した場所が記述に出てくるので、イメージを作りながら一気に読んでしまいました。これだけのクライミングするには、とてつもない集中力、自己コントロール能力、技量が必要なのでしょう。
 少年から大人へ成長したホノルド。これから、どのようなクライミングと生き方を見せてくれるのか楽しみです。続編を期待します。
REEL ROCK10ALON ON THE WALL
タグ:アレックス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。